九州最大の都市、福岡のクリニックでレーシック

 

レーシックと適応検査

適応検査から始まる

福岡の眼科クリニックで行われるレーシックは「適応検査」から始まります。この視力矯正手術は、近視の人が誰でも受けられるというわけではありません。受けるための条件をクリアしていなければ、適応しているとは認められないのです。もちろん意地悪をしているのではなく、手術をしてしまうと逆に危険な場合があるからです。福岡に行ったからといって、100%必ずレーシックを受けることが出来るわけではないということは、忘れないようにしましょう。
レーシックを受けることが出来るか否かの適応検査は、レーシックに関する説明を聞いてもらうこと、視力検査をすることなどで構成されています。福岡の眼科クリニックでレーシックを申し込んだとき、最初に行われるのは視力検査であり、そしてレーシックを理解できるように説明されることなのです。レーシックの説明を聞き、それを理解できること(もちろん細かい医学的な知識までは理解する必要はありませんが)は、手術を受けるための大切な条件のひとつです。どういう手順で行われるものであり、どういうリスクが考えられるものであり……ということを、最初に理解する必要があるわけです。

オトナになってから

福岡はもちろん日本有数の大都市ですから人口も多く、旅行者や、わざわざ福岡の眼科クリニックなどを訪れる人たちも足すと、控えめに言っても「すごく多い」ということになるでしょう。そんな中で、レーシック手術を受けることが出来る人は半数、とは言わないまでも、出来る人と出来ない人の数はそれぞれ、それなりのものになるでしょう。なぜかというと、この手術は子どもが受けることの出来ないものだからです。
レーシック手術は基本的に、18歳以上の人を対象とするものです。18歳でも、20歳未満であれば両親の同意書が必要となります。成長過程にある子どもの目には、合わない手術なのです。18歳になるまではメガネやコンタクトで過ごし、それからレーシックで治すというのが、正しい視力矯正なのです。

Copyright(c) 2015 九州最大の都市、福岡のクリニックでレーシック