九州最大の都市、福岡のクリニックでレーシック

 

アベリーノ検査を受ける

アベリーノ検査について

人の目は、時として視力が下がって視界がぼやけてしまうようになってしまったり、さまざまな病気で見え方がわるくなったりしてしまうものです。もちろんいろんな場合があるわけですが、視力が下がるというものに対しては、レーシックなどで視力矯正をすることが出来ます。福岡の眼科クリニックでは、人々が再びくっきりと物の輪郭や細部を見ることが出来る目を、もたらしてくれるのです。
ところで、福岡をはじめ、日本中にあるレーシックを行う眼科クリニックで「アベリーノ検査」というものの重要性が高まっています。もっと詳細に言えばアベリーノDNA検査というものです。これは、アベリーノ症という目の病気にかかる可能性を、その人が持っているかどうかを明らかにするための検査です。もし、その検査で「黒」と出た場合には、レーシック手術を受けることはおすすめされないというわけです。

安全な視力矯正のために

福岡の眼科クリニックで行われているアベリーノDNA検査で明らかになるのは、遺伝子にアベリーノ症の因子を含んでいるかどうかということです。アベリーノ症は、長い時間をかけてゆっくりと、白い点から始まって最終的には角膜すべてが白く濁り、失明してしまうという病気です。1,000人に1人という確立で、たとえば福岡の人口150万人の中には、1,500人くらい、その可能性を持つ人がいるということです。
アベリーノ症は角膜異常の病気ですから、もちろん角膜に対して行われるレーシック手術に影響を与えないわけがありません。実際、レーシック手術を受けたことによって、本来はもっとゆっくり進行して、ずっと先に発症するはずだったアベリーノ症が早く出てしまうことがあるのです。
そういうわけで、DNA検査が行われています。安全なレーシック、安全な視力矯正のために、ぜひとも必要な検査であるといえるでしょう。

Copyright(c) 2015 九州最大の都市、福岡のクリニックでレーシック