九州最大の都市、福岡のクリニックでレーシック

 

手術用の機器

フラップを作る

福岡の眼科クリニックで行われるレーシックの手術は、具体的に言えば眼球の角膜に対する手術です。
角膜は何層かの層が重なって出来ているもので、その表面の「保護層」を一部を残して円形に切り、開け閉めできるフタのようにして、その下の「実質層」にレーザーを照射します。レーザーの照射が終われば、フタは閉じられ、自然にくっつくことになります。
このように書くだけでもわかると思いますが、「とてもじゃないけど人間ワザじゃない」という感じです。角膜なんて目で見るだけでは薄い膜にしか見えないものだし、それをフタにしてレーザーを照射するなんて、いかに福岡のドクターが優秀でも、彼ひとりで出来るものではありません。そのための機械が必要です。

最新型の機器

福岡にある眼科クリニックは、いわば九州最大の眼科クリニックと言ってもいいところであり、最先端の技術が取り入れられています。
レーシックのためにつくられる「目のフタ」はフラップと呼ばれていますが、そのための機器であるマイクロケラトーム、そして実際に屈折矯正を行うフェムセカンドレーザーの照射機は、最新型のものが取り入れられているのです。
もちろん、最新型の物を使っている眼科クリニックに行くほうが、手術を安心して受けることが出来ますから、福岡でレーシックをする場合には、福岡の中でも特に最先端の機器を利用しているところを、選びましょう。

Copyright(c) 2015 九州最大の都市、福岡のクリニックでレーシック