九州最大の都市、福岡のクリニックでレーシック

 

検診を受けること

経過を見る検診

たとえば、九州のどこかの街から福岡の眼科クリニックを訪れて、レーシック手術を受けたとしましょう。レーシックそのものは1時間かけずに行うことが出来る手術であり、検査も含めると要する時間は1日2日、かかっても3日です。であれば、福岡への滞在期間も長くて3、4日ということになるでしょう。福岡の街で遊んでいきたいと思うなら、せいぜいが1週間ということになるわけです。もちろん、手術後すぐはそんなにはしゃがないようにするべきですが。
ただ、その長くて1週間の期間が終わればそれで福岡とさよなら……というわけではありません。
数ヶ月後、また訪れなければならないことになります。なぜなら、レーシックの出来具合を見るために、検診が行われるからです。経過が順調であるかどうかを見る必要があるのです。

クリニックのアフターケア

レーシック後の検診は、翌日、3日後、1週間後、3ヶ月後……といった具合に、徐々に間隔をあけておこなわれます。それらの検診で術後に異常が見られないか確認します。「面倒だな」と思う人がいるかもしれませんが、これはぜひとも必要なことです。何もなければ万々歳ですが、万が一ということはあります。視力が再び下がる兆候が見られるとか……。めったにないことではありますが。
そんなとき、再手術をやってくれるクリニックを選んだほうがいいということも、覚えておきましょう。
クリニックによっては保証期間を設け、その中なら再手術を無料でやってくれるというところがあります。そのような、アフターケアがしっかりしているところで手術を受ければ、安心です。

Copyright(c) 2015 九州最大の都市、福岡のクリニックでレーシック