九州最大の都市、福岡のクリニックでレーシック

 
福岡で評判のレーシック施術

角膜とレーシック

福岡の眼科クリニックで行うことが出来るレーシックは、人の目の角膜と呼ばれる部位を手術して視力を元通りにするものです。メガネ、コンタクトレンズに続く第三の視力矯正の方法として世界中で注目されています。

READ MORE

手術用の機器

福岡では、最新鋭の機器を利用したレーシック手術を受けることが出来ます。目にフラップをつくるためのマイクロケラトーム、手術のキモとなる屈折矯正のためのフェムセカンドレーザーの機器があります。

READ MORE

レーシックと適応検査

福岡でレーシック手術を受ける前には「適応検査」が欠かせません。手術を受けることが出来る状態であるか否か検査によって調べるところから、視力矯正への道がスタートするのです。

READ MORE

 

新しい視力矯正

メガネなくてもOK

関東地方に東京があるように、各地方にはそれぞれ主な都市というべきところが必ずあります。九州の場合、それは北の方にデンと据わっている福岡。大企業の支社が集まり、大きなお店が建ち並び、アーティストの全国ツアーが必ず回る、そんな大都市。最先端の技術が最初に訪れ、発展していくのもその地であり、たとえば新しい病気の治療方法なども福岡で確立されることになり、九州各地から人々が集まって治療を受けるという光景が見られます。
最先端の視力矯正の方法であるレーシックもまた、それを受けにくる人が福岡の眼科クリニックに集まるということになっているのです。人の手によって作り出された美しい都市の光景が広がる福岡市の中心、あるいは遠く対馬や朝鮮半島を臨むことが出来る博多の海の雄大さ。そういった、目で見る景色の素晴らしさがあるところも、レーシックのために人々が集まるスポットとしては理想的だと言えるかもしれません。メガネをかけなくてもくっきり見える景色。その目が最初にとらえる景色は、福岡の街並み、海の向こうの世界なのです。

自分の目で見る

九州各地の人々が福岡に訪れて受けるレーシック手術は、1990年代に一般化した視力矯正の方法で、その最大の魅力は、従来のメガネやコンタクトレンズを利用した矯正を行わなくてもよくなったことです。メガネやコンタクトはつけたり外したり、レンズを拭いたり洗浄液につけたりと手間がかかるところがあり、割れたりなくしたりするかもしれないという一抹の不安が、いつでも残るものです。レーシックは、近視のメカニズムを解明した上で直接、裸眼を手術して視力を矯正するという発想のもとで行われるもので、従来の矯正方法にあった「手間」や「不安」とは無縁のものなのです。
生まれたままの目で、くっきりと世界を見ることが出来る。それが、この手術の最大の魅力であると言えるでしょう。

アベリーノ検査を受ける

レーシック手術を手がける福岡の眼科クリニックでも、最近「アベリーノDNA検査」を行うところが増えています。この検査は、レーシック適応検査をより精密に行うために実施されているものです。

READ MORE

すっぴんで受ける手術

福岡の都会的な街並みをオシャレして歩きたいのは山々ですが、レーシック手術を受けるからには基本的にはノーメイク、シンプルイズベストな格好でクリニックに行くようにしなければいけません。

READ MORE

術後の目の保護

レーシック手術が行われた直後、数日間は特に目をいたわってあげなければいけません。福岡の街に出ていくときは保護サングラスをつけ、寝るときには保護用の眼帯をつけ、目を守りましょう。

READ MORE

検診を受けること

レーシック手術が終わったからといって、福岡の眼科クリニックとのつながりが絶えるわけではありません。クリニックで言われたとおり、手術直後は定期的な検診を受けるようにしましょう。

READ MORE

 

Copyright(c) 2015 九州最大の都市、福岡のクリニックでレーシック